成分や仕組みについて

男性ホルモン抑制型の仕組みについて

育毛剤の仕組みは、使用する育毛剤によっても違いがあります。育毛剤の種類は大きく4つに分けられますが、それぞれに特徴や仕組みがあるのです。男性ホルモン抑制型・血行促進型・細胞活性型・皮脂分泌抑制型となり、自分がどのタイプの育毛剤を使わなければいけないのかという事を見極めるのが大前提となるでしょう。男性ホルモン抑制型の仕組みは、男性ホルモンが分泌されて脱毛となっているのが原因となるため、男性ホルモンを抑える効果がある物質に生成するというのが仕組みとなります。毛根にある酵素の働きを抑制して、抜け毛の原因を減少させるという特徴があります。

血行促進型の仕組みについて

血行が悪く、頭皮まで血液がしっかりと行き届いていない場合も、脱毛の原因となります。血行促進型の育毛剤では、頭皮の血液の循環を良くして、毛母細胞に栄養を行き届かせるという働きがあります。細胞分裂が活発になると発毛を促進できるようになるので、育毛に期待が出来るのです。頭皮の毛細血管を広げて血液が流れる量を増やし、栄養を多く行きわたるようにするというのが、血行促進型の仕組みと言えるでしょう。

細胞活性型の仕組みについて

食生活のバランスが悪かったり、ダイエット中の方が薄毛や脱毛に悩まされるのは、栄養がしっかりと頭皮に行き届いていないからだと考えられます。自分が該当すると感じたら、細胞活性型の育毛剤を試してみると良いでしょう。細胞活性型の育毛剤は、毛母細胞に直接刺激を与えて、止まっていた毛母細胞の働きを活動させるという働きがあります。ビタミンなどの必要になる栄養分を補給して、細胞の活性化を高めるという仕組みになります。一番はバランスの取れた食生活を心がけるという事になりますが、どうしても難しいという方は、細胞活性型の育毛剤を使ってみてください。

皮脂分泌抑制型の仕組みについて

皮脂は、頭皮を健康を保つための必要なものとなっていますが、逆に皮脂が多い場合にも抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。皮脂が多すぎる場合、皮脂が酸化して毛穴につまってしまい、炎症を起こしてしまうのです。そのため、髪の成長が止まってしまい、抜け毛や薄毛になると考えられています。毛穴に皮脂が詰まった状態でいると、頭皮が呼吸出来なくなり、毛根の働きも悪くなってしまうのですが、皮脂分泌抑制型の育毛剤を使う事によって、毛穴に詰まった皮脂を取り除き、皮脂腺の働きを抑え、頭皮のバランスを良くしてくれるという効果が期待できるのです。髪がべたつく、何となく皮脂が多い気がするという方は、皮脂分泌抑制型の育毛剤を試してみてはいかがでしょうか?

育毛剤の種類によって、仕組みに違いがあるというのが理解できたと思います。あなたの抜け毛、薄毛の原因が何かを追求し、最適な育毛剤を見つけてみてください。当サイトでも、返金保証の付いたオススメの育毛剤を紹介しているので、育毛剤選びで迷っているのであれば、是非試してみてください。